お金を借りるならランキングから選ぶ?

お金を借りた経験がなければ、たくさんあるローン商品の中から選びとるのはとても難しいと感じるものですね。少しでも金利が低いものを選びたいのはどのようなローンでも共通していることかもしれません。しかし、住宅ローンのように一度借りてあとは返済のみというローンもあれば、カードローンのように何度も借りて返すというローンもあります。これによって使い勝手のよさに違いを感じることもあるでしょう。

 

しかし、ローンの使いやすさは一度使ってみれば簡単に分かるものなのですが、利用する前はなかなかピンと来ないこともあるかもしれません。たくさんのローンを見ていくうちに「どこも一緒に感じる。」ということになってしまうかもしれませんね。借り入れを急いでいるとどこでもいいかと申し込みをしてしまうのではないでしょうか。

 

そういったことにならないためにも、お金を借りる時にはランキングを活用してみましょう。ランキングサイトも様々なものがありますが、金利が低い順に並んだものや、限度額の大きさの順に並んだものなど、希望に応じたローンをすばやく見つけることができるようになっています。また銀行カードローン、消費者金融カードローンといったように金融機関ごとに分けてあるものですと、借りたいローンをピンポイントで見つけることができるでしょう。

 

お金を借りるということに必ず成功と失敗があります。自分が希望する金額を満額借りることができ、それを遅れることなく完済できれば間違いなく借り入れは成功です。しかし、必要な金額に足りなかった場合、毎月の返済額が大きくて遅れてしまった場合などは借り入れに失敗したということになってしまうのです。

 

これをうまくできるかどうかは、実は借り入れ先選びに大きく比重がかかっています。自分が借りやすいと感じる借り入れ先を見つけることで、返済の手間を減らせますから、遅れることの防止につながります。また限度額が十分なローンを見つけることで、希望の額に近づけることができるでしょう。そしてそのような借り入れ先を選ぶには、ランキングを利用していきたいものですね。

 

 

いつもお金を借りるのはいけないこと?

お金を借りること=いけないこと、と考えてしまう方もいます。またお金を借りること=計画性のなさ、といった厳しい目で自分を追いつめてしまう方もいらっしゃいます。しかしお金を借りることはそんなにデメリットしかなく、悪いことなのでしょうか?

 

確かに、お金が足りない状況になっても「貯金で賄えるでしょ?」と考えることもあるかもしれません。しかしコツコツと貯めたお金を定期預金に回したばかりだった、という状況なら「できれば貯金を崩さずにお金を準備したい。」と考えるのも当然のことです。また週末にATMの時間外手数料などを払って現金を引き出すよりも、カードローンやキャッシング商品を活用してお金を借りてしまった利息のほうが安く抑えられることもあるのです。

 

お金を借りること、いつも借り入れをしていることがいけないというわけでもなく、全てがマイナスになってしまうということでもないのです。お金を借りることをマイナスにしてしまうのは、利用者がきちんと返済しないことなどでしょう。お得にお金を借りる方法もこの世に存在しています。お金を借りる→利息を払う→自分が損をしている気になる、といった流れを感じる必要はないのです。上手に活用することさえできれば、いつもお金を借りるのはいけない事ではありません。

 

上手に活用するつもりが、いつの間にか借り過ぎてしまっていた、多重債務に陥っていた、といったことではいつもお金を借りるのはいけないことだという結論がでてしまうでしょう。しかし自分で利用する範囲をしっかりと定め、返済に遅れることなく活用していくのであれば、いつもお金を借りるということは決してデメリットにはなりません。

 

借りるのがいけないこと、と固定概念で決めつけていると実はお得なものや便利なものを見逃しているかもしれません。お金の使い方さえ計画している方ならば借り入れ=いけないこと、とは決してならないものなのです。お金の計画は不況の影響もあって様変わりしました。ローンなどを上手に使っていくことは、お金の計画を立てる上でなくてはならないものになりつつあるのです。

キャッシュカードはキャッシング用のカードではない

「キャッシングとキャッシュカードの違いを説明してください。」と聞かれて、正確に答えられる方はどれだけいるでしょうか。字面や響きが似ているため、同じに思われがちなキャッシングとキャッシュカードは実際には全く異なり、そもそも何の関係もありません。

 

キャッシングはその名の通り、お金を借りることです。利用するには審査に通る必要があり、また返済もしていかなければなりません。金利も設定されているので、元金に加え利息も支払わなければならず、それなりにストレスになります。しかし預金がないときの、急な出費に対応することができるので、うまく使えば非常に便利です。

 

キャッシュカードは、銀行に預けている自分のお金を引き出すカードです。利用には銀行口座の開設が不可欠ですが、キャッシングのように審査が必要なわけではありません。借りたお金を引き出すわけではないので、金利なども発生しません。ただキャッシング枠を設けることができるキャッシュカードも存在するため、枠を設定すればキャッシングも可能です。その場合には通常のキャッシング同様、審査が必要になり、金利が設定され、返済していく必要があります。

 

便利ですが、リスクもそれなりに伴います。紛失した場合は、預金の引き出しもキャッシングもできない事態に陥るため、ある意味全財産を失ったのと同じような状況になります。またキャッシングするつもりではなかったのに、操作ミスでキャッシング枠からお金を引き出してしまうこともあるため、取り扱いには気をつけなければなりません。